Yutabolg

Learning is the best asset

Study Abroad

短期留学は果たして意味があるのか?

投稿日:2020年5月18日 更新日:

 

んにちは~!
2019年の2月~3月にかけてアメリカのアラバマ大学に短期留学に行った経験をもとに、「実際、短期留学ってどうなの?」「行くなら長期留学の方がよくない?」っといった疑問に向き合っていきます!
また、私が在籍している千葉大学では、2020年度入学者から留学が必須となり、グローバルな考え方国際経験が重要視されてきていることもあり、留学がなぜ重要なのかを解説していきます。

千葉大生短期留学を考えている方に向けてアラバマ大学留学サイトを作成したので、是非ご覧ください~!



 

対象となる読者

  • ✔ 短期留学は意味があるのか?
  • ✔ お金はどれくらいかかるのか?
  • ✔ 治安は大丈夫か?
  • ✔ どのようなスキルが身につくのか?

読み終えるとどのような知識が手に入るか?

  • ✔ 短期留学の良さが分かる!
  • ✔ 身につくスキルが分かる!
  • ✔ 短期留学がどのようなものかわかる!
  • ✔ 国内で英語を身に着ける方法が分かる!
  • ✔ 千葉大生の留学談が聞ける!

短期留学で得られるものは何か?

この記事を読んでいただいている読者の方が悩んでいることとして、「短期留学って果たして意味があるの?」「お金がかかるだけじゃん」という思いとの葛藤が一つの悩みの種としてあると思います。
私も、短期留学に行く前によく、「お金の無駄だ」とか、「どうせ行くなら長期留学じゃないと意味ないだろ!」っと言われたものでした(笑)
では、短期留学に行くと、何が得られるのでしょうか?

短期留学で得られるもの

  • 日本の素晴らしさに気づける
  • アメリカのすばらしさに気づける
  • 世界の常識を知ることができる
  • 日常会話をするくらいの英語スキル
  • 非日常を味わえる

日本は素晴らしい

日本の良さがより一層分かる

日本人は丁寧すぎる

一番印象に残っているのは、H&Mに行ったときに、商品を畳まずにぐちゃぐちゃの状態で袋に詰められたことです笑
日本だったら即解雇度だぞ!」って感じでしたが、この位の緩さがまたいいのかなぁ~とも思いました笑
そもそも文化の違いなので、何が正しいのかはよくわかりませんが、日本は「おもてなしの国」と言われるだけあって細かな気配りがほんとすごくできているのだなぁ~と実感しました!

自販機はコーラーと水だけ!

一番悲しかったのは、自販機のレパートリーが少なすぎるということ!どこの自販機に行ってもコカ・コーラ―が販売している炭酸飲料と、水、たまにミニッツメイドの飲み物が置いてある!
日本と違って、「お茶」を飲む習慣がないので、さっぱりしたものを飲みたいと思った時にすごく困ったのを今でも覚えています!
何もかもが甘い!!
ちなみに、アメリカにも、お茶っぽいものはあるのですが、すごく甘かったです笑

予想以上のクレカ文化

日本ではあまり実感することが少ないかもしれないですが、アメリカでは、支払いのほとんどが「クレジットカード」で行われます。
例えば、自動販売機でさえもクレカです!
一概には言えないですが、現金払いだと、少しいやな顔をされるので気を付けてください笑
ちなみに、私の場合は、現金は主にチップとして使用しました!というより、現金はチップ以外で使用しないと思います!

アメリカは素晴らしい

日本に良さだけでなく、米国の良さにも気づける

なんといってもアメリカが素晴らしいところといえば、「出会いをより大事にすること」「人間の中身を大切にしていること」が主に感じたアメリカの素晴らしいところでした。
アメリカに行く前までは、世界中の人はどうせ、日本人と同じような考えを持っているんだろうなぁ~みたいな感じで思っていたのですが、ほんとに行って考えが変わりました。。。
ということで、ひとつづつ見ていきましょう!

出会いをより大事にすること

完全に主観的な考えになってしまうのですが、私の印象として、アメリカ人は、「心が広い!」「仲間意識が強い」「慣用的
なぜなのかと考えたときに、ひとつに、「キリスト教」存在があると思います。私には、わかりませんが、宗教を通じて血相しあうという考えが根強いからこそ他人を受け入れる心、団結力が生まれるのだと思います。
※補足情報なのですが、ホームパーティーに行ったときに、キリスト教についての討論会が始まって、びびったのを今でも鮮明に覚えています(笑)

人間の中身を大切にしていること

なぜ、こんなことをいうかというと、人間の内面をより大切にしているなぁ~と感じる場面がより多くあったからです。
実をいうと、私が留学に行ったアラバマ州肥満率が全米でNO.1という州で「全員肥満なんじゃないか?」と思ってしまうほどでした。。
なにが言いたいかというと、言葉は適切かわかりませんが、「容姿で人間を判断しない」ということです。人間的に素晴らしい人であれば、評価され、人間的にダメであれば、批評される。
この考えが、より強いと感じました。人間の本質をとらえて接する素晴らしい人ばかりでした!
日本人は割かし、人を用紙で判断する人が多いような。。。

世界の常識

世界基準の考え方を知ることができる

日本の文化が世界共通ではない!

ん?そんなの当たり前でしょ!」って思う人が多いと思いますが、実際に体験してみると、大きな差を感じました。
例えば、「ハグ文化」や「土足文化」、「信頼性」。
ホームパーティーに行ったときに開催して下さった初対面の女の方にハグを求められたときはびっくりしました!
日本では、握手だったり、靴を脱いだりするのが、当然ですが、世界には、それぞれの常識というものがあります!

コミュニケーション能力

積極的なコンタクトが大切だと気づける

強制的に話さなければならない

留学に限ったことではありませんが、新しい土地に来た時はわからないことが多い!
つまり、積極的なコミュニケーションが自分の道を切り開く唯一の手段であることを身にしみて感じることができる。
皆さんも感じていると思いますが、「行動力のある人」はいつか必ず成功します。
それは、能動的なほうが得られる情報が多いから!
と言っておきながら、私も全然なので頑張ります。。。

ちなみに、アメリカに行くときは、一冊英会話に役立つ本を持っていくといいかもです!
私が持って行ったのは、「[音声DL付]話す英語 実戦力徹底トレーニング」という本です!

英語スキル向上

日常会話程度の英語スキルが身につく

英語を話さなきゃ生活できん!

ご飯を注文するときは、特に、英語の必要性を感じました!日常会話といっても、特徴的な単語や、スラングに絶望しました(笑)
特に、印象的だったのは、サンドイッチを頼むときに、中身の具材を何にしますか?っときかれ、単語が分からず、キュウリだけを頼んだのを覚えています。。
でも、そのような環境で失敗した経験は、鮮明に頭に残るので、そのような環境に身を置くことは大事だと思います!

非日常を味わう

日本とは違う世界を体感できる

非日常的な生活

先ほども紹介しましたように、日本とは違う生活文化に触れることで、自分の視野を広げたり、考え方に変化を持たせたりできるので、日本に帰国した後の生活に少なからず変化を与えることができると思います!
日常生活に非日常を取り入れるのはいい刺激になるので良いことだと思います!

余談ですが、英語力向上に関する記事を過去に書いたので、紹介します~

【千葉大生必見】おすすめのオンライン英会話

ちなみに、先ほど紹介した本ですが、荷物になると面倒なので、電子書籍でもっていくとなおよし!って感じです!

費用はどれくらいかかるのか?

約50万!

掛かる費用

  • パスポート取得
    市役所や専用施設で取得しよう!
  • 航空費
    大学側がとるので少し割高です。。
  • 滞在費
    自分次第では節約可能です!

パスポート取得

20歳以上の方であれば1,6000円でパスポートを新規発行することができます!
※パスポートの発行方法などに関しましては、外務省ホームページよりご確認ください。

航空費

航空会社:デルタ航空

クラス エコノミー(U) フライト時間 約14時間
食事 夕食 飛行距離 約7000マイル
機材 ボーイング777 到着空港 バーミンガム

帰りに関しても上記の同じような感じでした!
気になるお値段は、なんと、146,710円!(往復)
※これには、成田空港施設使用料・保守サービス料、アメリカ空港諸税、燃油特別付加運賃が含まれています。

滞在費

滞在費として挙げられるのは、食費、洗濯代、飲み物代、旅行代(施設の入場料など)があげられます。これらを総合すると、およそ、10万円くらい
それに加え、授業料、寮の滞在費で20万円くらいはかかります。
※実際のところ、節約しようとすれば、いくらでも節約できます。

英語力はあげるのか?

人それぞれです!

本人次第

実際のところ、「自分でどのように環境を作るか?」「どのように行動するか?」がとても重要で、短期間であれ、自ら環境を求めて行動できる人は少なからず、英語力は向上すると思います!
せっかく留学に来たのに、部屋にばかりいるとかは論外なので、それで英語力が上がらないのは当然です!

そんな簡単に英語力は上がらない

悲観的な見方をすると、実際のところ、「1カ月程度の短期留学で飛躍的な英語力向上はない」というのは認めざるを得ないと思います。。
ですが、次のことは言えると思います!
短期留学を否定する人の特徴として、「英語力が向上しない」つまり、「英語が話せるようにならない」から「短期留学はお金の無駄だ!」と主張する人がいますが、私的には、これは「間違い」です。
なぜかというと、そもそも「短期留学は自分の英語力を試す機会」「英語力のなさに気づく機会」だと考えているからです。
つまり、「英語力の向上を求めてはいけない!?
こんなの日本でもできるじゃん!って感じる人もいると思いますが、言葉では表せませんが、日本では感じれない様々な体験をすることができます!
その意味では、意味は大ありです!

ちなみに、「英語力を上げたい!」という方はTOEICの学習をされている方も多いと思うので、こちらを見てみてください~

TOEIC 600点は難しい?

長期留学とどちらが良い?

短期留学と、長期留学にはそれぞれ良さがあるので、善しあしの区別はできませんが、両者のメリット・デメリットを考えてみましょう!

長期留学

メリット&デメリット

メリット

英語漬けの日々に長い期間浸れるので、英語力向上がより期待できると思います。また、数年間通して過ごすことでその季節ごとの文化であったり、より多くの出来事に触れられることはとても良いことです!

デメリット

学生の場合、大学側で留学での履修過程が組まれていればよいですが、特に理系の方は「休学」しないと長期留学に行けないと思うので、そこは欠点かなぁ~と感じます。
また、費用の面も無視はできないので、相当の覚悟が必要かと思います!

私の先輩でカリフォルニア大学バークレー校に合格した先輩がいるのですが、その方は、2年間語学を学んだ末に大学に合格しました。何が言いたいかというと、長期留学には「覚悟」が大事だと思います。

短期留学

メリット&デメリット

メリット

短期間で、アメリカの文化に触れることができる。また、非日常を味わうことで、日本へ帰った時のモチベーションになる!
それに加え、多くの大学では、休業期間中に短期留学を設定しているので行きやすい!というのはとても良いかと思います!
その他のメリットは上記に記したものをご覧ください~

デメリット

下手をすると、お金を無駄にする恐れがある!
短期留学は「旅行」みたいな感覚になってしまうことが多く、本質を見失いがちなので、中途半端な気持ちでいくと多額のお金を捨てたようなもんです!
そうしないためにも、自分でお金をためていくとより覚悟が見えてくると思うのでお勧めします!
ちなみに、自分はそうしました!

まぁ、なんだかんだ言って、英語力が上がるか否かはすべて自分次第です。
短期留学で上がる人もいれば、長期留学に行っても上がらない人もいます。
また、日本にいるのに、英語がペラペラな人もいます。それに加えて、留学は英語力向上だけがすべてではなく、その他に学べることがあります。

国内でも英語力は向上するか?

向上します!

と言いつつ、少し長くなってしまったので、具体的な英語力の向上に関する記事は以下の記事で紹介していますので、そちらをご覧ください~

 

【千葉大生必見】おすすめのオンライン英会話

という感じで本日は失礼いたしやす~

-Study Abroad
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした